改・目を覚ませ日本人

Seesaaから移転しました。 元のURLはhttp://nandakane0810.seesaa.net/です。 コメントは承認制、書込み頂いた方のIPアドレスはこちら側で取得可能なのは今までと同じです。テンプレ変えました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

放射線長期被曝についての見解

とあるブロガーさんの記事です。
全文転載OKと書いてありましたが、すごく長いので
下記リンクから読んでみて下さい。

福島にいる方も放射線による身体への被害はほぼない、という内容です。
(放射線以外の放射性の残留物等はまた別)

放射線の長期被爆によっての遺伝子への損傷は「ない」ことがマサチューセッツ工科大学の実験で判明




TVをあまり信用していないので今まで書きませんでしたが
昨年「チェルノブイリの赤い森」というドキュメント番組を見ました。

あの地域の住民は全員避難していますが
現在は施設を作って、ほとんど人のいないあのエリアで研究者達が暮らしています。
確か研究者から希望を募って派遣する形だったと思います。
労働環境は最高だそうで、うろ覚えですが、
週2出勤で給料は倍?だか、かなり待遇が良いようでした。
インタビューに答えた男性は「今の生活に満足している」と言ってましたね。

民間人があのエリアで農作物を栽培することは禁じられていますが
彼はそこで(エリア内の自宅で)さくらんぼや野菜の栽培をして
TVカメラの前でそれを食べていました。

食べていいものと駄目なものがある

そう言っていました。
さくらんぼは種さえ食べなければ問題ないと。
(食べる人はいないような・・・)
そう言って種をプッと口から飛ばしていました。
チェルノブイリの事故は20年以上前ですし、規模も違うと思うので、日本のさくらんぼが大丈夫かどうかはわかりかねます。

確か、もう何年もそこで暮らしていると言っていましたが
体調が悪くなったりはしてないそうです。

微量の放射線被曝は、むしろ放射線に対する抵抗力がつくとか言ってました。
でも、赤い森の中では今でも奇形の植物がたくさん生えていました。


下記動画の冒頭に出てくる施設がその研究所かもしれません。
確か入り口がこんな感じだったような。

2011年のチェルノブイリ


2010年ブッチ川

飲んでる・・・
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2012/07/29(日) 01:07:30|
  2. 原発・東日本大震災関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【お願い】人工地震について | ホーム | 【写真】昔の日本の日常【1897年頃】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4mizuhonokuni.blog.fc2.com/tb.php/78-2ffbcd50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。