改・目を覚ませ日本人

Seesaaから移転しました。 元のURLはhttp://nandakane0810.seesaa.net/です。 コメントは承認制、書込み頂いた方のIPアドレスはこちら側で取得可能なのは今までと同じです。テンプレ変えました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

某夫人のメルマガ

しばらくこちらのブログはお休みしようと思っていたのですが
某夫人のメルマガに気になることが書いてあったので、久々に書込みいたします。

タイトル:誤解されている在ニチの真実‏ですって。
もうタイトルだけで、誤解も何もないさ、とつぶやいてしまいましたが。
タイトルと内容はあまり比例していなかったですけどね。
とにかく擁護擁護。

内容は、夫人の意向により、全文転載OKなのですが
あまりにも朝鮮寄りの内容なので転載したくありません。
朝鮮って、北も南も含んでいるのに、なぜこんなに擁護するのか、という内容でした。

日本人が北によって拉致されたという事実が明るみになった時
夫人はまだ日本には戻っていなかったのでしょうかね。
夫人の経歴については詳しく存じ上げませんが、そういうことはあまり気にならないのでしょうか。

メルマガは完全に朝鮮寄りの内容でした。
一言だけ声を大にして言いたいのは
強制連行などなかった、ということ。
もうこのネタ引っ張るのはいい加減にしてください。

夫人は、メルマガ内で万景峰号の入港禁止についても触れていますが
ここまで色々されていて、許可したらおかしいと私は思うのですが。。。
日本人に限らず多くの外国人を拉致してきた国の船の入港を禁止して何が悪いんでしょうか。
むしろ、あの国への渡航は、観光を含め一切禁止にして欲しいぐらいです。
それとも、北が日本人を拉致したのも「日本が悪い」んですか?


少し話がそれますが、北は、経済的な制裁は表向きしか受けていないように感じます。
以前、経済制裁を受けて滅亡した国家のことをネットで読んだのですが
今検索したら、既にウィキペディアからも削除されているのか発見出来ませんでした。
国名も忘れてしまいましたが、そこの国の民は食べる物もなく
子供達は栄養失調で餓鬼のようにお腹だけが膨れ上がっていました。
(もしかしたら近隣の国からの制裁だけだったのかもしれませんが、その国は滅亡しました)

北の偉い方のようにふっくらした体系を維持するのは無理ではないかと思います。
経済制裁と言っても色々あるのでしょうかね、私は詳しくありませんが
北にはどこかからお金が流れているように見えるんですが、気のせいですか?
某宗教とか某銀の玉企業からですかね?
素人なんでそれぐらいしか思いつきませんがねー。


政治も、制裁だなんだっていうことも、戦争も
全部裏でお金が絡んでいますよね?
国のトップも金で動いている人がほとんどですよね?
今某国で反日デモがあるのも金が絡んでいますよね?参加者に日当が支給されているらしいですね?
差別だ何だ騒ぐのも、全部金が絡んでいますよね?
被害者面も結構ですが、結局『金』なんですよね?


差別だ、誤解だといくら言われようが
「日本人の良心に訴えかけて罪悪感をほじくる」
在日のこの言葉、私は忘れません。

実際、身の回りにいた在日、一人を除いて全員
全員ですよ、日本人に対して敵意むき出しでした。
私がなーんにも知らない頃だったので、当時はまったく意味がわからなかったのですが。
「日本人全員を地獄に叩き落してやる」
そう言ったやつもいましたよ。
誰もそんな話題にふれていないのに、急にそういう話題をふってきたりしてましたね。
まあ、その方は回りに散々迷惑をかけて自爆してお亡くなりになりましたが。


差別?
自分たちから招いていませんか?

差別?
なくなったら困るんでしょ?
差別だ、人権だ、って騒ぐとお金になるんですってね。


少なくとも、私はもう騙されません(* ̄m ̄)プッ
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:その他 - ジャンル:その他

  1. 2012/09/29(土) 01:14:43|
  2. 在日韓国人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本は日本人の物です | ホーム | 【動画】元公安調査官菅沼光弘氏 高山正之氏対談>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4mizuhonokuni.blog.fc2.com/tb.php/95-59d77e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。